So-net無料ブログ作成
検索選択

金華山 朝トレ 低山・里山バージョン [山行]

今日も出勤前の朝トレ。ランではなく、”岐阜低山歩こう会”の方が同行希望のためのんびりハイク。

4時30起床、5時30分待ち合わせ・・・

この方も出勤前の軽い運動目的・・・

さて、キリリと冷えた朝の空気をすって、ゆっくり登る。低山とはいえ、徐々に日が昇り周辺が明るくなり遠くに長良川が望める高さまで来ると、気分はどんどん高揚する。山頂まじかでは体も適度に熱くなり、同行の方もすがすがしい気分なのか始終”あ~~早起きしてよかった~~”と笑顔満面であった。

岐阜低山歩こう会の方たちと・・・
Image247-2.jpg



いつもは比較的ハード系の山が好きだが、いつもそんなところばかりではない。里山系ものんびりできて好きなのである。その昔はよくハイキング系の山で、バーナー・コッフェル・レジャーシートなどの道具を持ち込んで、野外クッキングを楽しんだり、一緒にぼけーっと山頂で寝転がっての時間を過ごすことも大好きだった。いつだったろうか? 吹雪の鈴鹿最北:霊仙山の山頂で、フランスパンとイワシ缶詰マヨネ-ゼの特製サンドウィッチをつくって、凍りついたものをおなかに流し込んだこともあった。そんな時期を思い起こさせてくれるような、のんびりした時間でもあった。


さて、山でも街でも歩くスタンスは大切だ。このスタンス=距離感とお互いの歩行ペース・・・・阿吽の呼吸であれば、極めてストレスなく歩ける。この呼吸が合わないことも多々ある・・・・山行過程で呼吸の不一致は時として致死的ミスにつながる可能性がある。変に同行者を気遣いすぎてペースが乱れ精神的疲労が先立ち、肉体的疲労に及び、意識が散漫になり・・・・スリップ・・・プッツン!!になりうる。

今日はぺちゃくちゃ楽しいおしゃべりをしながらでも、ペースの崩れはなく登りも下りも全くストレスを感じることなく楽しい朝の1時間を過ごせた。その後、出勤したが、心地よい疲れが今日”一日”の成功とモチベーションの維持を占ったかのようだ。

この絶妙な阿吽の呼吸が得られることはそう無いのではないかな・・・と感じるのであります。特に状況が困難になればなるほど、この違いはより明確になってくるのであろう。人生も阿吽の呼吸は大切である・・・
タグ:金華山 低山
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

朝ラン・・・day by day [ランニング]

走るのを休むとまたゼロから体をつくらなければならず、朝はかなり寒かったが頑張ってショートランは続けた。2007ウィンターシーズンもそうであったが。山スキー山行回数の減少するシーズンは、否応なしに走らないと、体のエネルギー代謝バランスがプラスになってしまいがち。何よりも内部から毒素を排出し体をクリーンにすることが大切。これで加齢臭から少しは遠ざかれるかな??非運動時よりは確実に汗の性質がサラサラしてくるのが実感できる。体力や外面を磨くためには、着飾るよりも、やはり代謝を上げるのが基本だとおもう。内面はどうしたら鍛えれるのかな??これは教えてほしいね・・・

朝の朝礼前の7kmショートラン。体が堅くて、5′20″とかなりペースが遅かった・・・・途中で川の橋を渡る、大きな上り下りあるのだが、足が前に出ないよ・・・・

2009.03.30.jpg
タグ:ランニング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Fallen Angels・・・・・・堕天使 [日常]

最近、近隣での山で、遭難~遭難死の話をよく耳にする。特に単独行の登山では行方不明=発見・回収不能の構図となる。こんな事はまったくもってうれしいことではないが、仏の国の日本では仏=遺体が無いと成仏できないような観念がある。一方キリスト教・イスラムの世界では亡くなった=神に召されたと解釈するらしく(本当かな??又聞なので間違っていそうな気が・・・)すなわち、死=神の構図になる・・・らしい・・・?
何が言いたいのかというと、遭難でその遺体が上がらないと、成仏できない・・・残されたものは、つまり、悲しみがいやされることはない・・・・となってしまう。キリスト教の国では遺体がなくても、神になれてしまう?のかな?
縁起でもない話で恐縮ですが、とにかく、事故の無いように慎重、慎重に・・・山に入りましょうね!という話です。山も人生も慎重に進むのが大切です。

突然話はそれますが、堕天使という言葉があります。堕天使とは・・・・・読んで字のごとく、堕落した天使であります。英語表記するとFallen Angelsとなり、流行歌の歌詞に出てきそうな、フレーズです。“フォ~リ~ン エンジェル~~”。 さらには天使のアンチテーゼで、天使でありながら神に背反し天界を追放された存在である。天使の対極に位置するのが悪魔であるが、天界を追放された堕天使たちの成れの果てが悪魔であるとして、堕天使=悪魔と見なされることが多いが、堕天使と呼ばれるもの全てを悪魔と結びつけることはできないし、悪魔のなかにも過去には天使だった者たちばかりではなく例外もある。あえて堕天使と悪魔を分けて簡潔に定義するなら、
 堕天使:天使として生まれながら、堕落、神への反抗などの理由から天界を追放されている者たち
 悪魔:神に反する者、人間を悪の道に導く者、地獄に住む者

めんどくさい話ですが、誰も生まれる時に悪魔として望んで生まれることも無いし、天使として生まれることも無い。生業によって、結果、悪魔になったり天使になったりしてしまっただけだろう。生きることは一寸先は闇である。山でも一歩踏み外せば滑落である。自分は天使になるのか、堕天使になるのか、悪魔になるのか・・・・

小学生レベルのまとめをすれば、”日頃のおこないにきおつけましょうね!”・・・・ということでしょうね。なんか、くら~~い話だな・・・・とこんなことをつらつら書いてしまった自分に今更ながら反省である。

エグザス計画発進! [日常]

このところ再び寒波がやってきたのか季節外れの降雪・吹雪?が期待できる。季節外れといっても、もともと、3月でも高緯度地方・2000M以上の高所で雪が降るのは当たり前のことである。この数年間の温暖化いや高温化が日本人がもともと持ち合わせている、“季節感”をどんどん変えていってしまったのだ。雪が降るのをさも異常のように感じ始めている・・・・・・
特に今週末はビッグパウダーマウンテンが期待できる最高の巡り合わせとなろう・・・・

山は行きたいがそうばかりもできず。

さて、この人間関係複雑なご時世、人が生きてゆく上で様々さ障壁が立ちはだかる。内科疾患の3分の1は、精神的疾患・・・つまり、うつ状態が原因と推定されると感じている。中には重度のうつ状態から、拒食症となり数ヶ月で10kg以上の体重減少をきたすことも珍しくない。自分がかつて経験しただけにその時の辛さはその人ではないとわからない。僕の場合は最大体重減少は17Kgであった。まさに骨と皮の状態で全身筋肉はそぎ落ちて、立ちあがることさえままならなかった・・・その後5年間の間に鬼気迫る状態から、ひたすら体を鍛え、磨き、生きていた。その時巡り合ったのが、四季を感じ、生きること、生きていることの素晴らしさを実感できる登山であった。その後、弱かった自分に対し、限界を超えたいと、すぐに山に熱中し、山スキーと出会った。今では完全な夢中人である。
山は厳しい。しかし、常に自分をみつめなし、弱さも・強さも実感できる、この素晴らしい世界をいろいろな人に伝えたいと、さまざまな山行を目指している真っ最中でもある。

万歳、自然よ・山よ・・・・・
そして山に登らせていただいている、この強い体、それを与えてくださった、親に・・・・感謝。



悩み苦しみ、それこそ、見る影も無いほど痩せ衰え、ギリギリ生きているような女性患者さんがいる(いた)。
重度の拒食症は一目でわかった。
その人は自分を立ち直らせるために、薬物療法ではなく、とにかく体を鍛え上げることを選んだ。

いや、自然に体が、鍛錬を選んだのだろう。日々、自分を鏡の前に投影し、見つめなおし、本質を見極めようとしている。 この半年間、未だ痩せ衰えてはいるが、日々どんどん美しくなって、体は磨きあげられ、歩き方に力強さが戻ってきている。そんな彼女の話を聞いてみると・・・

今はこんなに、やつれてはいるけど、絶対夏までには自信のある体に鍛え上げて、自分の今までできなかった、最高のおしゃれをするの・・・と語ってくれた。もう彼女は完全に自分の病気を克服でき、それどころか、患者さんから→素晴らしく魅力的な“女”に変貌しようとしているのだ。彼女は今も日々AEROBIC EXCISE ( STEP Reeboc ) http://ja.wikipedia.org/wiki/STEP%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA を続けるのだという・・・・鍛え上げられた体こそが真の女の魅力・・・と、語ってくれた。まさにそれを自分で実行しているのだ

チラッと・・・割れた腹筋を見せつけてくれたのだ。
”本当だね、美しくなったね・・・・”

逆に今度は、僕が、彼女からもう逆に教えられてしまった・・・・・“先生、もう一度、体を鍛えなおしてみたら・・昔はもっと、キレのある体をしてたんでしょ?“・・・・と。

本当に彼女は、力強く かつ 美しくなった。30半ばとは思えないほど、全身から魅力を放ち始めている。その彼女の姿に自分のかつての姿を映していた・・・・・

そして、僕も彼女の言葉に発奮して、誘われるように・・・・エグザス計画を発進した

今日のRUN・らん・ラン!
209.03.27.jpg

タグ:拒食症
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

と云うことらしいです・・・・・・・・ [日常]

昨日は寒波再来で結構寒い一日だった[霧]。夜は風もあり気温も低かったが、ラントレには最適だった。5分ウォームアップで、GPSオン。10分すると体はどんどん熱く燃えてくる。寒さもすぐにかき消してゆく。
15分でどんどんランニングハイ。GPSトレーナーでペース5′10″~4′55″をキープしながら、夜の街を流す。山スキーの頂上から滑り出すときに味わう、高度感に包まれた独特の高揚感が、走りながらでも少しづつ体の中を駆け巡ってくる。思わず走りながら”Ho~Ho~フォ~~”の掛け声が出てしまう。パウダー滑降でもないのにね・・・・

・・・・・・・5min/km justgood job !! and after 5min cool down walk・・・・・・ 気持ちよく終了


藤原紀香公式サイト上では
http://www.norikanesque.com/jpn/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・と云うことらしいです[exclamation&question]・・・・・・・・・・・・・

周回ランニングコース・・・・主要国道なので車には注意。昨日の夜はランコース内で2件の衝突事故で結構大破した車4台を目撃・・・・[目]

WS000002.JPG

日本が湧いた日・・・・・WBCとノリカvs jinnai [日常]

山に行かなくても(行けなくても)ネタは繋ぎます・・・・・世間でいろいろと話題を提供してくれますもので・・・・


ということで、日本中が感動の渦に巻き込まれた日韓対決のWBC。見事なイチローの決勝タイムリーとイケメンダルビッシュの仁王立ちの渾身のラストストライク。これぞベースボールではなく“野球”である。日本の気迫と韓国の執念のガチンコ勝負・・・・もう野球はアメリカのものではなく、アジアのものであるといっても過言ではない。

一層のことWBC world baseball classicではなく、the top of Yakyuという名前に変えたほうが良いのではないか。

ありがとう侍ジャパン・・・!!
かっこいいよ、カッコよすぎます、侍ジャパン!!
よく戦った!! KOREA team・・・・!!
(次回の韓国との戦いが恐ろしいような気もするのですが)

さてもう一方の芸能記者の影のヒーロー??・ヒロイン??。 ノリカ と jinnai・・・・・

別に二人の離婚は芸能界ではどうってことの無い話ではあるが、相手が悪すぎたよ。
ノリカを敵に回せばjinnai君には勝ち目がないよ。別れるってことは現代では至極当然になってしまっている。理由はいろいろあろうが、性格(=性)の不一致、浮気、金銭問題、まあどれも世間様には公にできないことばかりだろうが、どうしても話し合いでは解決のできない問題もあるのだろうね。人間だから、動物だからね。

でもよく考えてみよう・・・・jinnai君は結構男らしい感じがしたと、多分みんな・・思いませんでしたか?
ひょっとして本当にみんなに公言できないような浮気以外の夫婦仲の不一致があったかもしれない。なんとなく夫婦生活は全くゼロじゃなかったのではなかろうか? ノリカのイメージを壊すのははっきり言ってご法度だる。それをあえて自分の浮気のせいにして、自らノリカ旦那生命を絶って(大げさ!)ノリカを生かした!というケースもあるのではないか。ノリカが犠牲になるより、jinnaiが犠牲になっておけば日本は平和になれるから。

・・・・そんな考えはありえないでしょうか?もしそうなら、jinnaiはすごいかっこいい男になるわけだ。(男は概して自分を犠牲=悪者にして、女に恥をかかさないことって結構しているものなのですよね。)

まあ、どおでもいいですが~~~~(どこかの番組で聞いたようなフレーズ)

若手芸人は概して、つまらないネタでも、売れれば天狗になって、モデルなどのいい女をゲットしようとする単細胞なのだから、これからもいろいろと事欠かないでしょうね。(昔よりは芸人もイケメンが増えてきたしね)

でもやっぱり、ノリカと結婚してもなお、浮気(本当ならね!)をしてしまったjinnnai君には、残念ながら世間の目は逆風となってしまうのは避けられないのである。
超有名人とのお笑い芸人の超格差婚なのだから。


次回は民主党vs自民党の死闘の(勝手に両者討ち死に公明党の独り勝ち)ネタでも繋いでみようか・・・・・

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

色には色々なiroがあるのですけれど・・・・・ [日常]

曼荼羅はサンスクリット語でmandalaと書く。
仏教(特に密教)におけるマンダラは、サンスクリット語で「円」を意味し、いわゆる「仏の悟りの境地」や「世界観」を表したものである。非常に抽象的なものですが、現実に生きる人々にとっては、目指すべき境地を分かりやすく視覚化されたもの、とも言えるかもしれません。線だけで描いたマンダラの図柄を塗りをの如く好きな色で塗り分けてゆく曼荼羅塗り絵占いがある。・・・・・色の配色からその人の性格を見ようという、ありきたりな・・・とも言うべき占いだ。生年月日から見た色占いをしてみると、自分の守護色=メインカラーは“黄色”サイドカラー“赤”らしい。

以下抜粋・・・・
守護色:黄色・・・・全般的に、とてもツイてる人です。エネルギーもあり、頑張りいかんでは一代で財を成すことも可能です。内面を磨きつつ、出世するのが順当ですが、心だけが成金趣味になり、やたらと飾りの多い派手な印象を周囲にまき散らすこともあります。どちらにしろ、グイグイ昇るエネルギーを秘めているので、目的と自覚があれば、人生を華やかに彩ることができるでしょう。


サイドカラー赤・・・・黄と赤の組み合わせはうまくいっています。自分が気になることを追及して、自分の道を探り当てていきます。自分に正直でいるほどに、人生は快適になります。若いうちや精神が不安定なうちは、ついつい周囲が気になりがちですが、マイペースで進みましょう。自分の心の声をよく聞いて、自分自身を裏切らないように生きていく努力をするべきです。



周囲の人から、よく言われること・・・・・

赤や黄色が好きですね!

そう、何でもそうだけど自分が選ぶ服の色や様々なマテリアルチョイスするとき、どの色から選ぶだろうか?自分としてはまず赤を原則として選ぶ。次にオレンジ・黄色・・・

特に山ジャケ(シェル)を選ぶ時は顕著。(山用品ネタばかりになって申し訳ないけど)
とにかく燃える情熱を示す赤がナンバーワン
次にエマージェンシーカラーのオレンジ。
強烈に山の中で存在を示す、黄色。

赤色には情熱、攻撃、過剰、流血、激しい怒りの象徴・・・・・そう、自分で言うのもなんだが、自分の求める生き方は情熱なのだと思う。情熱が無い自分にはいったい何が残ろうか??情熱こそが自分の真の姿?


近年、買った山用品(シェル・フリース・アンダー・ザック、ヘルメット、ゴーグル)全部・・・・
赤・アカ・AKA・REDがらみ!!(全部今年買ったわけじゃないよ!!)

090324_074040山ジャケ_1.jpg


















なんだか話が飛びまくったけど、色は心をよく表すのだな。人間も動物ですから色とか匂いとか生態とか、本能的な部分で知らず知らずのうちに引き込まれているのですね・・・というお話でした。

http://aamir.hp.infoseek.co.jp/iro/h_yellow.html

山に入らない連休(飛び石だけどね)・・・ [趣味]

・・・・もあっていいんじゃない??
どうせ天気もすっきりしないことだし。

ブログを更新していないと、数少ない読者の方が遭難か?!とか思うといやなので・・・


隙間ネタだけ・・・

休みの間に何軒か中古車ディーラー・新車ディーラーを見て回った。

トヨタハイエース
ボクシー・・・
セレナ・・・
ステップワゴン・・・
カスタムキャンパーメーカーの改造キャンパー・・・
すべて最低条件は4WD・エアロパーツは一切排除してあること[車(RV)]であること。

ハイエースの中古市場異常高値にはびっくり、H17年式 2500ディーゼル、120000km・・・・12万kmですよ!!このバンタイプの車両でも199万円:乗り出し価格220万円・・・高っ・・・いくら人気車種でもねオーバー10万kmではちょっと引いちゃうね。これなら2000クラス:ボクシーかセレナの新車のベース車両が買えるよ。(どっちも自分のイメージにはかけ離れているけど)

・・・・買い増しはやっぱやめとこ維持には相当なる費用がかかるし・・・(と、今のところは自制しておこう)
生活苦に陥るよ(山装備貧乏になりそっ)
何を考えているのかは、[スキー]おわかりだろうな・・・[ひらめき]


ついでにどうでもいいネタですが、大塚製薬 SOYJOYについて。

・・・・・ぼくは山の行動主食として(カッコ内は実勢単価 / 定価)
1.カーボショッツ(215円/250円)
もしくは
2.Power Bar (240円/250円)
3.アミノバイタル、もしくはアミノバイタルプロ(116円/200円)
4.SOY JOY(平均110円/120円)

これらをからなず山行に携行している。というよりは山行の食事はすべて行動食のみで賄っているのですが・・・

バナナ味が新発売された(4月1日発売予定)!!どんな味かは知らないが、かつてあるスポーツウーマンとSOY JOYネタで大いに盛り上がったこともあった。今回 先行予約の形で、バナナ味含むその他を、大人買いでweb shopping(共同購入のサイト)で100本まとめてゲットしてしまった。定価120円のところ約83~90円なのでいつも買うスギ薬局:110~115円くらいより、かなりお得な買いであった。これらの行動食意外に高くつき、PowerBar もしくはカーボショッツワンパックを一回当たり5本くらい携行し1回の山行で4本+SOYJOY3本消費する。つまり行動主食で1500-2000円くらいかかっている。これならコンビニでおにぎりやパンでも買った方が安くつくけれど、これら機能食品は自分的にどこか強くなるような精神的なエナジー補給神話にもなっており、いまさらながら手放すことはできませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

変な言葉であいまいにしないで?! [お仕事!]

毎晩、走っていても、黄砂のせいか花粉のせいか・・・・目がしょぼついて、花はぐすんぐすん、集中できず、おまけに両下肢内側側副靱帯に痛みが走り、足もしっかり上がらない状態、筋力が全く落ちてしまっており、体重増加の負荷もかなり激しく、かなりのスロージョグに落とさざるを得ない。2kmラン300mウォークを繰り返した。

距離やペースの測定は、小型GPS(Fore athlete) で計測。なかなかのすぐれものであるが )、どこからでも人工の目に監視されているとい感覚はいかがなものでしょうか?なんとなくいつでもどこかで誰かに監視されているまさに監視社会の象徴でしょうか??



さてさて、この4月から(正式には来年度から)、婦人科検診での子宮頸部細胞診の診断基準評価基準が変更になるようだ。僕は婦人科医ではないのだが健診の世界では一応婦人科疾患も少しは理解していないといけない・・・

今までがん検診はクラス分類という表記がほとんどで、クラスI~II~・・・~Vと5段階あり、I は正常、II は軽度の炎症性細胞変化、・・・Vはガン・・であった。このクラス分類が大幅に変更され、以下のようになった。判らない人興味のない人にはどうでもいいのでパスしてね!!

細胞診結果 扁平上皮系:

[1]陰性(NILM)・・・・・・・・クラスI,IIに相当
[2]意義不明な異型扁平上皮細胞(ASC-US)・・・・・クラスII-IIIaに相当
[3]HSILを除外できない異型扁平上皮細胞(ASC-H)・・・・クラスIIIa、IIIbに相当
[4]軽度扁平上皮内病変(LSIL)・・・・クラスIIIaに相当
[5]高度扁平上皮内病変(HSIL)・・・・クラスIIIa、IIIb、IVに相当
[6]扁平上皮がん(SCC)・・・・・・クラスVに相当


要するに今まで大丈夫だろうと思われていた、軽度の異型細胞にも要精検や経過観察などの措置が広がったということ・・・・今までは日本人は子宮頚癌は少ないとされてきたが、セックスフリー化の波に乗ってどんどん頚癌は増えているし、一番の要因はパピローマウイルス(HPV)感染が頚癌の最大の原因であり、このウイルス感染の有無をチェックさせるのが狙いであるのでまあ妥当な、基準変更なのでしょう・・・・要するに[2]の判断が曲者なんだな・・・

でももう少し、わかりやすい言葉使ってよ・・・・素人にはさっぱりわからないし、僕もはっきり言って、回りくどくて、理解できません、この表現形式・・・特に意義不明な異型扁平上皮細胞な・・・ってのはないだろうよ・・・へんてこな言葉に置き換えて核心を少しずらしてごまかされて様な変な気分なんですけど。素人用にはHPVの検査を受けてね、1年に一回は検査を受けなさいよ、6ヶ月後くらいに再検査が必要ですよ・・・今までっどうり置き換えるしかなさそうである。

こんな言葉をつくるのは、産婦人科学会の診断基準選定委員のマスターベーションだなこりゃ~~~ほかの学会にも概してあるよな、回りくどい言葉・・・まるで、省庁のお偉いさんが作ったお役人仕事の象徴のような・・・そうそう、身近にあるわっ、特定健診・保健指導。なんだよ特定って・・・いまだに変に思っているんですけど


特に関係ないけど、現在の山中湖側 富士山の天候は・・・・http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/zekkei/

getcurrimage.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黄砂に負けて・・・・敗退 [ランニング]

本日 火曜日・・・デューティーワークのない日。

半分さぼりで、山スキーに行ったろかいっ!と思い、行き先も決まらぬまま寝てしまった。朝4時起床。出発のタイムリミットである。準備は全然できていない・・・・外をのぞいたら暗闇なのだが何となくぼんやりした空気・・・黄砂かよ・・・・この黄砂、温暖化(高温化?)とともに年々ひどくなっている気がする。中国が工業化を進めれば進めるほど、ひどくなるのでしょうが、なんとなく地球破滅(日本壊滅)への序曲のような気がしないでもない。

まあ、それはどうあれ、結局この黄砂のもやもやした天気に簡単に敗退して、山はあきらめたが、このまま終われる懲りないおじさんではない!!

ライトなトレラントレーニングとして、ここはきちっと金華山は押さえておこう。

出勤前のウォーミングアップとして、ストレッチとハイク&ラン(40分:6km程度)ですが体を動かしていったん帰宅。シャワーさっぱり、出勤した。

平日は山へのモチベーションを上げるのはやはり難しい・・・仕事をさぼってまでも山に行くのはやはり一般社会人にはイケナイことなのでしょうね!!

しかし、行かなくてよかったことも多々あり。


昨日、夕方、患者さんのこと・・・・・・
急性心筋梗塞(疑)で近所の循環器病院に搬送した方がいた。緊急心臓カテーテル検査の結局、診断は、安静時狭心症(vasospastic angina)=冠攣縮性狭心症であり、本日、再度転院となった。しかし、この狭心症、意外に若年者に多く、突然死の原因としてかなり多いと思われます。症状は、深夜・明け方に胸が苦しくなる。運動負荷では胸痛が誘発されない。・・・・である。

現に、この方、突然意識消失まで行っているのでかなり危険な状況であったのは推測に易い・・・・・・



深夜・明け方に胸が苦しくなって目が覚めたことおあるあなた・・・・放っておくと大変なことになるかもしれませんよ・・・・・

膝をかばうためにSSD(Short!! Slow Distance)で体つくり中
3/17 スローランニング:3kmラン+1kmウォーク
もっと自分に強く・・自分に厳しく・・フル完走を目指して・・・・トレーニング再開
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。