So-net無料ブログ作成

D#ルンゼ・・・いっとく?(唐松岳 ピークスキー) [山スキー]

もう我慢できない!!

2週間風邪で咳き込み、次の日曜日に医師会会合・・・さらに専門医報告書作成・・・このまま山スキー無しの3月送ることは我慢できん・・・

では取り敢えず

3月22日、唐松岳Dルンゼ・・いっとく!?(予定はCルンゼだったけど唐松山頂から下降ルートは氷壁!ロープないから止めとこ・・・D♯(?)ル ンゼ・・・・C~Dルンゼへの下降は一部氷壁になっており、山頂に近い一段上からドロップしましたので・・D♯です!)

そしてなぜか連休明け23日、僕は雨飾りに居たりする・・・・一瞬、荒菅沢方向にドロップしようとしたが、さすがに崖を降りるのは躊躇・・・・・。山頂部は強風で、天候は最悪、寒し。雪は強烈モナカ・・・滑りながら山本モナのバカヤロ~~~と叫ぶ僕・・・・

最高の天気だが、予想外の低温で尾根上はアイスバーン、滑落要注。しかしその甲斐あってか快感大滑降をゲット。

  • 2010.3.22(日)
  • 【山域】:後立山
  • 【山名】唐松岳2696m
  • 【メンバー】KOBAさん、BUNさん、僕
  • 【装備】みんなPontoon
  • 【コース】八方スキー場トップ~~唐松山頂~20m下降エントリーポイント(本来のD ルンゼへの降り口は、氷壁になっておりノーロープでは危険で却下)
  • 【山行タイム】
  • 07:45 ゴンドラ
  • 08:15 トップ
  • 08:45 八方池山荘
  • 12:05 唐松岳山頂
  • 12:15 エントリーポイント
  • 15:00 二股
  • 15:30 八方ベース

今回、僕はCルンゼを目指して唐松へ遠征することとしたが、ちょうど同日、TOP GUN KOBAさんと、ロードバイカーBunさんがDルンゼに行くというのでならば・・・・とご一緒。二股に1台車をデポ、朝始発ゴンドラでゲレンデトップへ・・・グラードクワッドは動いておらず、先頭でシール歩行。後続はすべてガラガラ沢方面か、無名沢方面へドロップか・・・山頂はこの日僕らだけ・・・上部稜線は強風、クラスト・・・KOBAさん最後までスキークランポンで登りあげる!!僕はあっさりアイゼン。さすが空自F-15乗り・・・恐怖感がないのか!!あとでよく聞くと・・・アイゼン忘れた!!と・・・えっ・・・・(-_-;)。さて山頂から少し下降・・・ここで、Dルンゼへの降り口が氷化斜面でとてもロープがないと危険・・・少し上に戻ると山頂直下からDルンゼに流れる格好の斜面がある。じゃあここから・・・ということでD#(?)ルンゼで準備。斜度は40度ちょっとで30cmのパウダー。恐怖感ゼロ。ジャンプテスト、全く雪のずれは起きず。ほぼ安全なコンディション。Bunさんからエントリー、続いてKOBAさん・・・・この二人最近名コンビ。飛ばしや本領発揮!!F-15ファイターはスピード狂か?いきなり直カリで降りてゆく・・・・あっという間に300mダウン。最高パウダーを当てられるとはラッキー。滑走ライン・サイドからの雪崩もゼロ。尾根は凍っていたが、谷筋はしっかりしまっており完璧。

どんどん下ってあっという間に南滝。しっかり埋まっておりました。二股までエッチらほっちら汗をかいて終了。Cルンゼはお預けになったけど、今日ならばっちりのコンディションだっただろう。3月下旬に最高のパウダーを独占できて、まさに、快楽の1日・・・・・。

1か月ぶりの山・山スキーとなったがやはり山は素晴らしい! ただしだいぶ体には堪えました。1か月は結構なブランクですね~~。へたれな僕でした・・・・・しかし、これで、残りの宿題もシコシコはかどる??だろう。

KOBAさんは北海道・シーハイル・空自で鍛えられた、スピード感が凄い。競技系の滑りでさすがの一言。BUNさんもKOBAさんに鍛えられて、素晴らしいパウダーショット!最近は自転車予算を全部山に突っ込んでいるのでは・・・滑走重視の完璧山スキーの1日でした。

翌日は臨時休暇で少し離れた、雨飾山へ、単独で・・・・・夕方の仕事までには帰えるように暗闇スタートで・・・Dルンゼ パウダー滑降動画へgo!!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 6

テレマーカー

唐松沢は滑ってみたいなぁ・・・。
一番ゆるいエントリーでもそこそこ斜度ありですけどね。
by テレマーカー (2010-03-24 10:51) 

管理人

テレマーカーさん、こんばんは。
今回の唐松沢は絶好のコンディションで正直誰にでも快適に滑れてしまうほど素晴らしい雪でした。その気になれば山頂から二股まで30分くらいで降りちゃいそうな勢いで滑れました。もったいない以前にパウダーの快感を止められましぇ~~んて感じでした。ぜひ良いタイミングで唐松沢を滑ってみてください。斜度はコブのない、ゲレンデ上級コースですよ。
by 管理人 (2010-03-24 21:14) 

bun

唐松沢ではお世話になりました。
ヘッドカメラも広角レンズになってバッチリですね。
沢の中から天高く仰ぐ太陽が印象的でした。
バックカメラの映像も面白く風切り音もそそります。
今度は先生の後ろに入って撮ってもらいたいです。
by bun (2010-03-25 06:49) 

管理人

bunさん、楽しかったですね!もう最高!というのはこのような状況に使うのでしょう。映像は、なかなかうまく撮れませんが結構面白動画になりそうです。今度いろいろ試してみましょう。
EOS K4もあるけど・・・しばらくは動画かな。

KOBA,BUNペアーはハイスピードだな~としみじみ思いました。動画でついてゆけなかった・・・・PONの性能を生かすためにもハイスピードパウダーの技術つけないと。豪快な白馬エリアでは、せこい小回りは無し??
by 管理人 (2010-03-25 16:59) 

koba

先日はありがとうございました。
pon様乗るならマッコンキーのような滑りを目指しましょう!
ハイスピードのパウダースキーはパウダー専用の特別な技術が必要なわけでなく、ロングターンをいかに効率よく行うかにかかっています。
スキー場でコソ練しましょう。
by koba (2010-03-25 19:10) 

管理人

KOBAさん。楽しい山行をありがとうございました。

さすがのスピード系の滑りは圧巻でした。追いつけません。今まで小回りばっかりやってた癖が抜けません・・・
動画の陰で自分のいろんな癖がわかりますね。右ターンが切れ込みすぎて、左は浅い・・・肩の調子が悪く右手が前に出ていないな~~と分かりました。ゲレンデ滑りが大切か~~~

また豪快コース行きましょ!!
by 管理人 (2010-03-26 05:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。