So-net無料ブログ作成
検索選択

松坂牛vs飛騨牛 [日常]

地元:岐阜県の特産物・名産物は何かと考える必要があった。岐阜といえば長良川。長良川といえば鵜飼、鵜飼といえばアユ・・・・浜崎あゆではないですが・・・
その他には本巣市の富有柿・枝豆・隠れた八百津せんべいなんてのもありますが(全国のいろんなお土産屋さんのせんべいの類のかなりのシェアを占めているようです)、高山のラーメン、中津川の栗きんとん、白川のお茶とか・・・やはり忘れてはいけないのは飛騨牛でしょう。最近は食品偽装でその名を全国に知らしめて、さらには名声も叩き落としてしまった感がありますが・・・・

個人的にはこの飛騨牛・・かなり美味しいお肉だと思っています。。しかし、近隣には松阪牛・近江牛など名だたる国産ブランド和牛が存在します。中でも圧倒的なブランドバリューを誇る、松坂牛は知名度・値段とも、名実ともにナンバーワンでしょう。

さてさて、これら三大国産黒毛和牛(松坂牛・近江牛・神戸ビーフ)の先祖はどれも但馬牛なのです。さらには、飛騨牛も実は但馬牛の血統である安福号を祖先に持ち、昭和60年ごろから新規ブランドとして全国展開されてきたのです。従って、どこの牛が優れているかどうか?なんてのは愚問なわけであります。育った風土・気候によって違うわけで、さらに、最後はやはり鮮度がモノを言うということでしょう。はっきり言ってどれがおいしいかなんて僕にはわかりませんが、同等のレベルのものであれば、松坂牛のほうが2割ほど高くて、脂身がかなり多いといった印象(あくまでも個人的印象です)。一方、飛騨牛のほうが脂身が少ないが、脂の甘さはどちらも遜色ないのでは・・・最終的にはブランドバリューでして、ハイソな気分で懐が許せば松坂牛・プチリッチを気取れば飛騨牛ということでしょう。でも現実はアメリカンなワイルド牛:吉野家が日常のマイブランドなのでした。

人間も同等な性格・品質レベルならブランドが優先されるもんなのでしょうか?なんて、どうでもよいことを考えている師走なのです・・・・・おっと岐阜の名産を買いに行かなきゃ・・・・・・


http://hidagyu-gifu.jp/index.php

http://www.gyugin-honten.co.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。