So-net無料ブログ作成

初テレマークは八方尾根でボロボロに・・・唐松岳は遠かった [山スキー]

こんなにボロボロになっていいんですか?

11月29日に・・・財布・保険証・免許証・現金などなど紛失の後、色々な手続きに追われ、カード停止や免許再交付、保険証の再申請、カードキーの交換、外来をやりながら片手には携帯もって、外来のすき間に内視鏡をやったりで走り回って一週間が過ぎ、土曜日の大学忘年会も結局参加せず・・・・
このまま不完全燃焼の週末になるのか・・・

でも懲りないおじんは堪えきれず、やはり山スキーを持って出掛けてしまったのです・・・確実に雪をゲット出来そうな場所・・八方尾根〜唐松岳を狙って夜なよ出撃するのでした。
今回は初テレです!本当に滑れるのか??一応アルペンのセミファットも積んでゆく。
12月1日土曜日夜11時:岐阜市内発、途中仮眠を含めて八方尾根ゴンドラ前駐車場に朝6時に到着。8時始発営業の予定が重く垂れ込める雲と強風の影響でゴンドラ運転開始は9時過ぎとなった。駐車場で準備をしていたのですが、グルーを塗り直したシールがチートシートにベタベタに張り付いておりこれをかなり気合を入れて剥がそうとしたらいきなり右側胸部(わき腹から背中側に激痛が走る!ヒエ〜〜〜肉離れ〜〜??ろっ骨骨折?)いきなり痛みのハンディーを背負いそれでの諦めキレずにゴンドラに乗り込んだ。大きく息も吸えない・・・

始発時間がおくれて、よほど上部の条件が良くないと唐松岳往復し岐阜に夕方に帰るのは不可能だ・・・山頂まで届くかどうかは判らないがとりあえず上部ゲレンデまで上がってみた。ゴンドラの上のアルペンリフトは運行されておりこれに乗る。その上のグラードクワッドは運休。こからいよいよテレマークスキーでのシール歩行だ。八方池山荘までは30分程度でシールで直登。登りに関しては全く問題なく遥か先を行く先客をどんどん追い上げる・・・登りは意外に早いのよね!
そしてトイレの建物を過ぎ、眼前には不帰のキレットの稜線が広がっている!天候も回復傾向なのか。ところどころ夏道が出ており、さらに狭くなりつつある稜線を一部つぼ足になって登る。
下の樺まで来ると急激にガスがかかり始め、丸山ケルンから上部は完全にガスで隠れてしまった!強風も吹いている!八方尾根独特の天候だ。さて標高2300m。後続・先行者はいない。バッカンタイプのパーティーは下の樺の一つ下の八方沢に滑り込んでいる。これ以上登ってもガスがひどく危険だ。何より悪い視界の中、単独で、かつ、初めてのテレマークで降りれるのか???これが一番の弱気の原因である。巾が3mくらいの細い稜線をテレ板で降りるのは恐怖である。

そして・・・いきなり後傾姿勢で転倒! この際に古傷の右肩関節周囲炎と上腕筋膜炎が痛み出した。特に今年は今までで一番痛みが激しく、このときに右ストックで思いっきり体を支えた時に大声で叫びそうになるくらいの激しい痛みが走った。現在50肩で右手の挙上動作が出来ないのです。元々痛いのがさらに激痛に変わりしばらく座り込んでしまった。右手に力がはいらずストックすら持てない状態となった。テレマークで降りる事自体が不可能だったのにこの痛みでもう限界である。何とか斜滑降・大回りのテレターン(ほとんどアルペンターンだ・・・)でとりあえず高度を落としてゆくがが何回転んだか・・・転倒は数知れず・・・
初めて山スキーをやった時につぼ足に抜かれたが、今回もはそのときよりももっと無様かもしれません。つぼ足より遅くただひたすらぶざまに落ち続けたのでした。

帰りの車は右手が上がらず運転もままならず、右わき腹にはかなりの痛みが走り、50肩はズキズキ痛み・・・・(50肩って40歳代でも50肩、60歳代でも50肩です・・・正式な病名は:肩関節周囲炎です。)

もうトシなんです・・・新しいことを初めるのもかなり無理があるのです。もっとしっかりストレッチやっとくんだった・・・・(T.T)
テレマーク・・・自分には向いていないのかもしれません・・・・次回はアルペン板で滑ろうと誓うのでした。テレでルンゼ滑ろうなんて決して公に誘うのはやめておこうと改めて思う今日なのでした。

本日の蕎麦:利根川蕎麦(利根川はご主人の名字で地名ではありません)外一蕎麦(つなぎは9%とのこと)やや太切りなのですが、ツルツル感とさっぱりした喉越しが素晴らしい。何よりもロハスな店の雰囲気とご主人と奥様の人柄が素敵でした。ここでは割りばしは使わず、栗でできた箸で蕎麦を食べたがこの箸が意外に使いやすく、店内で販売していたので、お土産用としてわけてもらったのです。
白馬村神城25031
0261-75-3110

本日の温泉:木崎湖温泉 スパーフル木崎湖600円


この時は結構快晴!不帰のキレット


11時ごろからガスが涌き出す。この後少し明るくなったりもしたが気圧計はどんどん下がり唐松山頂を目指す天候ではなくなってしまった

ガスが・・・丸山はかろうじて見えていたがこの後は完全にガスの中。



利根川蕎麦
蕎麦は外一(そといち)か・・・一割の打ち粉を繋ぎとして使う打ち方。つるつるした喉越しの江戸前蕎麦です。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

山ごろ

ご無沙汰をしております。
 dr篠崎さんも出動して、dr操さんはどうされたかな?と思っていましたら、
lostでお変なこととなっていましたね。
drの財布は私たち、一般市民にはない、ものが、いっぱいはいっていて、拾った人?フフでしょうか?
 今年は、宣言どうり、テレで、来ましたね。
しかも、唐松岳を狙って、流石です。
 少し苦労をされていたようですが、慣れれば、大丈夫です。
不安定な物ですが、こなせた時は、気持ちが良いです。
 初滑りの立山室堂は最高でした。(今週は1回休みで)
週末は白乗か御岳か最低でも、ゲレンデを滑りたいと思っています。
テレマーク\(-o-)/
 SEE YOU
by 山ごろ (2007-12-04 00:17) 

管理人

山ごろさんこんばんは!お久しぶりです。
予定通りといいますかテレマークはまともに滑れる訳が無くコテンパンでした・・・しかも唐松なんてハードルの高いところがいけなかったのでしょう。今シーズンはどこかでご一緒できれば良いですね。しばらくはゲレンデ練習が無難そうですね。
今のところはテレマーク万歳!!・・・とはいえない有り様です・・・
皆さんが言う楽しさを少し分けて頂きたいものです。
by 管理人 (2007-12-04 05:16) 

なめ熊

MLでは失礼いたしました。高岡の山テレおやじです。
どこかにリンクがあったはずなのですが失念してしまいなんとか山ゴロ氏から辿ってきました。
読んでいると思わずイタタ!となるような状況でお疲れ様でした。
PS:当ブログにリンクご了解願います。
by なめ熊 (2007-12-04 14:08) 

管理人

たき様どうもはじめまして。山ごろさんのHPでお名前を拝見しております。私は高度な登攀などのアルパインは出来ませんので、みなさんの参考にもならない山行レポートで申し訳ない限りです。またどこかでお会いすることもあるかと思いますのでこれからもどうぞよろしくお付き合いください。
こちらこそリンクよろしくお願いします。
体は随所がズキズキ痛んでます・・・・・
by 管理人 (2007-12-04 16:38) 

YAMADA

じゅんさん、おばんですぅ♪
相変わらず凄いことをやってますね。
新しいことにチャレンジする姿勢には
感心します。でも、やはりちょっと危険だよ。
危機管理対策としては、ゲレンデで上手に
滑れるまで練習した方が良いと思いますよ。
急がば回れです。
by YAMADA (2007-12-04 21:18) 

こりないojin

YAMADAさん・・・今度ばっかりは50mごとにドテっとコケてまともに進まない感じでした。テレの転び方はオーバーターンになるかおもいっきり後傾になってコケる感じでアルペンの転び方とは全然違いました。兎平を降りながら、今後の課題がひらめいてしまいました。早速次回トレーニングで試したいと思ってます!
by こりないojin (2007-12-06 01:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。